社会人だからこそ

社会人になってから、公認会計士のような学習に時間のかかる難しい資格の取得を目指すのはリスクが高すぎるのではないか、と考えて二の足を踏んでしまう方も多いかと多います。ですが、社会人になって社会経験を積んでいるからこそ得られるメリットという物もあるのです。

既に会社に勤め働いているであろうみなさんには学生と違い、会社内でのキャリアアップと言う事が目的になります。同じ会社の中であっても多方面での活躍が期待できますし、社内の事や社会人経験を大いに生かすことが出来る即戦力として活躍する事が出来るでしょう。また、働きながら仕事と学習を両立させ公認会計士の資格試験に合格したという事は自身の能力の高さをアピールできるチャンスになります。転職するつもりの方であっても、面接では社会人経験と仕事と学習の両立をしてきたというタスク処理能力の高さをアピールできれば新社会人たちに勝るとも劣らないアドバンテージになるのは言うまでもありません。

このように、社会人だからこそえられるメリットという物もあるので、今から公認会計士を目指すという事に遅すぎるという事はありません。ただし、学生と違って自由になる時間が多くある訳ではありませんので独学での試行錯誤に割ける時間は殆どないでしょう。そうした理由から社会人講座の利用をお勧めしているのです。

Pocket