自分にあった講座を

社会人講座を開いている所はいくつかあります。資格取得までの学習方法は各企業ごとに様々ありますが、その中から自分にあった学習方法を選択して合格を目指していく事になります。多くの講座がWeb受講の携帯を取っていますが、仕事帰りに教室によって講義を受けてから帰宅するという形態をとっている講座もあります。Webが使えないという方にもDVDによる講義もありますので問題は無いでしょう。どの方法が一番良いのかは、どれも一長一短ありますから明言は出来ません。自分であればこれが合っていそうだ、というご自身に合わせた講座を選ぶのが良いでしょう。中には無料のセミナー等で自社の講義を体験させてくれる所もありますので、まずはそうした講義を受けてからどこにするのか決めるのもいいと思います。

社会人で公認会計士の資格を取得するには、長い学習時間と効率的な学習が必須となります。そして最も重要なのがそれらを継続する事です。継続は力なり、とはよく言われる言葉ですが、学習の結果が上手く表れない時や仕事が上手くいかずに学習に身が入らない時もあるでしょう。そうした時も諦めたり投げ出したりすることなく続けてこそ欲しい物は手に入るのです。長期の学習時間や効率的な学習方法は社会人講座などがカバーできることですが、やり遂げるという意思はご自身からしか生まれることはありません。どうかめげずに最後まで頑張ってください。

≪参照HP≫大原学園グループ-公認会計士通信講座

Pocket

社会人だからこそ

社会人になってから、公認会計士のような学習に時間のかかる難しい資格の取得を目指すのはリスクが高すぎるのではないか、と考えて二の足を踏んでしまう方も多いかと多います。ですが、社会人になって社会経験を積んでいるからこそ得られるメリットという物もあるのです。

既に会社に勤め働いているであろうみなさんには学生と違い、会社内でのキャリアアップと言う事が目的になります。同じ会社の中であっても多方面での活躍が期待できますし、社内の事や社会人経験を大いに生かすことが出来る即戦力として活躍する事が出来るでしょう。また、働きながら仕事と学習を両立させ公認会計士の資格試験に合格したという事は自身の能力の高さをアピールできるチャンスになります。転職するつもりの方であっても、面接では社会人経験と仕事と学習の両立をしてきたというタスク処理能力の高さをアピールできれば新社会人たちに勝るとも劣らないアドバンテージになるのは言うまでもありません。

このように、社会人だからこそえられるメリットという物もあるので、今から公認会計士を目指すという事に遅すぎるという事はありません。ただし、学生と違って自由になる時間が多くある訳ではありませんので独学での試行錯誤に割ける時間は殆どないでしょう。そうした理由から社会人講座の利用をお勧めしているのです。

Pocket

公認会計士になる為に

会社にとって会計という物は必ず必要になる物です。公認会計士という資格は、その形に携わるために必要な資格の中でも最高峰と言われる物で、会計の専門家であり、監査や財務、経理など、その仕事内容は多岐にわたります。上場企業に対する内部統制監査の義務化、国際財務報告基準の導入などこれからのビジネスにおいてその重要性は更に上がる事でしょう。そんな公認会計士を目指したいが、社会人になってからでは仕事もあるので今更学校に通うなんて時間が足りない、と悩んでいる方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが社会人講座という物です。

社会人講座とは仕事などで理想的な学習時間の取れない社会人の方を対象とした、効率的な学習方法を提供してくれる講座の事です。特に公認会計士のような難しい資格ですと大事になるのは学習時間ですが、こうした社会人講座を利用することで効率的な学習ができるため社会人であっても仕事と学習の両立が出来るのです。公認会計士となるための学習時間は平均して2年4年程と言われています。トータルの勉強時間では実に3,000時間もの学習が必要となります。ですが、私たち社会人は年間で2,000時間以上を労働に費やしているので独学での手探りの学習では時間が足りないという事は明白です。効率よくキャリアアップを目指すのであれば社会人講座をうまく利用するのが最適な道でしょう。このサイトではそうした社会人講座を利用した公認会計士の資格取得について解説します。皆様のキャリアアップのお役に立てれば幸いです。

Pocket